収集ボランティア

青森市ボランティアセンターでは使用済みプリペイドカード・使用済み切手・書き損じはがき等の収集ボランティア活動に取り組んでいます。消印の押されていない書き損じはがきは、郵便局で切手と交換をして収集物運送費等として役立てられ、使用済み切手、使用済みプリペイドカードは特定非営利活動法人 日本国際ボランティアセンター(JVC)へ届けられ、開発途上国の人々に有効活用されます。

国際協力NGO日本国際ボランティアセンター(JVC)

発展途上国の生態系に配慮した農業による生活改善や環境教育、資料情報センターの運営、自動車技術学校の運営支援など、カンボジアでの活動を支えるため支援活動全般に活用しています。
国際協力NGO日本国際ボランティアセンター(JVC)公式サイト

使用済み切手

消印を押された使用済み切手も同様に国内や海外の収集家に売却されます。
換金された資金はアジア・アフリカ・中東の人々の暮らしを守る活動へ役立てられます。

収集整理のポイント

  1. 切手をはがす必要はありません。
  2. 消印部分は切らずに、1cm程度の余白を残し、封筒やはがきの紙ごと切ります。
  3. 国内のものと海外のものに分けます。

愛のはがき(書き損じはがき)

消印が押されていない官製はがき・年賀状・書き損じはがき等は、1枚当たり5円の手数料をかけ郵便局で切手に交換されます。交換された切手は青森市ボランティアセンター通信運搬費として、日本国際ボランティアセンター(JVC)への収集物運送費等に活用されます。

その他

他にもベルマーク、ロータスクーポン等も収集しております。
収集物は青森市社会福祉協議会に持参するか、直接日本国際ボランティアセンター(JVC)に送付してください。

収集ボックスの画像

使用済みプリペイドカード

収集ボックスの画像

使用済みプリペイドカードは、JVC(日本国際ボランティアセンター)によって、印刷されている多種多様な風景や絵柄等を対象として国内及び海外の収集家に転売され「資金化」し、アジア・アフリカ・中東の人々の暮らしを守る活動へ役立てられます。

収集の対象となるプリペイドカード

  1. テレホンカード(NTT、電電公社)
  2. オレンジカード(JR各社)
  3. イオカード(JR東日本)
  4. パスネット(関東私鉄各社)

※図書カード、青森市営バスカードは回収対象外です。

収集整理のポイント

  1. 折れ曲がっているものや、汚れがひどいものは換金の対象になりません。
  2. 同じ種類のものを1つにまとめます。
  3. イオカード(JR東日本)枚数が多ければ100枚を1組に輪ゴムで留めます。(ホッチキス・粘着テープ等で束ねないように)

近年、集まるカードは絵柄が少なくなり、カード収集家の収集対象になるカードが激減しております。そのため、上記以外の使用済みカードは収集を中止しております。

ペットボトルキャップ

しあわせプラザ1階ロビーに回収専用箱がございます。いつでもお気軽にお入れ下さい。
ペットボトルキャップの回収で「リサイクルの促進、CO2の削減、売却益で発展途上国の医療支援、リサイクル過程での障がい者・高齢者の雇用促進」ができます。
皆様のご協力をよろしくお願い致します。

キャップリサイクル時のお願い

ペットボトルキャップのイメージ画像
  1. キャンペーンシール等ははがしてください。
  2. 紙のクッションがついているものは混ぜないでください。
  3. 汚れているものは軽く水洗いをしてください。

エコキャップについての詳しい情報は以下をご覧下さい。
NPO法人エコキャップ推進協会

リングプル

しあわせプラザ1階ロビーにリングプル専用箱がございます。
いつでもお気軽にお入れ下さい。
なお、集められたリングプルは、「プルネット事務局」に送付し、車いす等の福祉機器と交換をして青森市社会福祉協議会が実施する「福祉機材貸出事業」(高齢者・障がい者、福祉施設の行事等へ車いすの貸し出し)で活用させていただいております。皆様のご協力をよろしくお願い致します。

プルネット事務局サイト

交換の目安

車椅子(介助式・自走式)

  • スチールタイプ:600kg
  • アルミ軽量タイプ:700kg
  • アルミモジュールタイプ:750kg

プルタブには『アルミ製』と『スチール製(磁石に付く方)』がございますが、スチール製は対象外となっております。